スキルのトレーニング

同社は、労働者が各部門(2〜3カ月間)に沿った追加スキルを勉強するために、縫製工場や農業、建設、食品などの工場と協力している。労働者は工場や企業からの追加スキルのトレーニングコースを完成して 日本で仕事をしている間に コミュニケーションを容易にするために 同社に来て、日本語訓練を受けることになる。


労働者は 家事、幼児と子供とお年寄の世話をする、洗濯する、料理する、テーブルと寝室を準備する、家事のスキルを受けなければならない、マレーシアとシンガポールで働く準備ができた労働者は 働く時に コミュニケーションを容易にするために 英語のトレーニングを受け、受入国の文化、文明、宗教、法律、伝統に関する教育と指導又は 受入企業とのコミュニケーションするために、労働法と雇用契約を追加説明する。